このエントリーをはてなブックマークに追加

間違いの多い毛穴のスキンケア方法

誰かの顔に近づいた時に気になるのが、お肌の毛穴。
鼻の頭や小鼻の周りに目立つ、黒く汚れが詰まっているような毛穴や、頬の部分によく見られる開いた毛穴。
ファンデーションで塗り潰しても、毛穴はなかなか隠すことはできません。
毛穴に汚れが詰まっていたり、開いたりしていると、化粧崩れもしやすくなりますし、見た目も美しくありません。
なんとかしたい!と色々とスキンケアに悩んで間違ったケアをしている方も少なくありません。
毛穴の黒ずみを取ろうと、シートで貼ってはがすタイプのパックを繰り返し、かえって毛穴自体を広げてしまった…という人も。
汗をかくことで、毛穴からいっぱい汗とともに老廃物を出すときれいになると思っている人もいますが、それは間違い。
汗腺は毛穴とは別の穴なので、基本的に毛穴の掃除にはなりません。
毛穴が目立ってきたり、汚れや老廃物が詰まってしまうのは、肌の水分量が減って乾燥した状態になり、角質部分が肌を守ろうとだんだん厚くなってくることが原因です。
また年齢を重ねるごとに、肌の弾力がなくなり、垂れ下がってくるので毛穴が目立ってきます。
つまり、毛穴のスキンケアは、無理矢理汚れをゴシゴシ洗ったり、詰まったものを押し出したりするのではなく、毛穴の出口周辺の角質をケアすることが大切なのです。
乾燥や弾力不足に対抗するにはなんと言っても保湿が大切。
きちんと洗顔で汚れを取り去ったら保湿・保水力のある化粧水で、たっぷりと水分を補ってあげることが大切なのです。

近頃良く聞くスキンケアの情報はマイナーだけどこのサイトでチェックしてみてください

Copyright (C)2017毛穴もニキビもさよなら!スキンケアの基礎の基礎.All rights reserved.